副業・複業で使えるオススメツール【コミュニケーションツール編】

副業・複業は時間との戦いでもあります。自分の活動・取り組みが売上や事業に直結するからです。
その自分の最大の資源・リソースである時間を生み出すために、今回は効率的な事業運営やコミュニケーションをとるためのツールをご紹介したいと思います。

Facebookメッセンジャー

ご存知の方も多いかと思いますが、Facebookのメッセージ機能です。ビジネスパーソンで、特に個人で動いている人はFacebookを使っている人が多く、コミュニケーションツールとして重宝できるツールです。
メールももちろんツールとしては有用ですが、コミュニケーションのスピード感であったり、挨拶から始まる従来の方が事業スピードを落とすケースもあり、このようなチャットツールは現在多く使われています。ファイルの送信や電話、テレビ会議もできるので、コミュニケーション工数を大幅に削減できます。

LINE

LINEで仕事?と思う人も多いようですが、最近では仕事のやり取りをLINEでという方も増えています。PCにダウンロードすることもできるので、仕事のコミュニケーションも問題なく活用できます。

LINE@

LINEとは異なり、一斉送信などができるツールです。LINEではLINEのビジネス向け広告宣伝サービスと位置付けられています。
お伝えした通り、LINE@に登録してもらうことで繋がった友達全員に配信することができたり、クーポン機能などの様々な配信が可能になります。
また、1:1トークという個別やり取りの機能もあるので、十分個別のやり取りも可能です。スマートフォンでのやり取りもできます。

チャットワーク

ビジネスチャットに特化したツールです。Facebookのメッセンジャーなどよりもファイルの検索機能が充実していたり、引用の出し方なども行いやすく、よりビジネス向きのコミュニケーションツールになっています。

Slack

IT界隈中心に使われているコミュニケーションツールです。スタンプやカスタマイズのしやすさが売りのコミュニケーションツールです。チャットワークと並ぶビジネスコミュニケーションツールです。

コミュニケーションツールの選び方

私はこれらのコミュニケーションツールを全て使っています。使い分けはいたってシンプルで、相手に合わせて使い分けているというのが状況です。ただこれから始めるという人は、まずは自分が普段使っているツールから慣らしていくのが良いかと思います。

また人によっては、ビジネスとプレイベートは分けたいという方もいます。私も比較的LINEはプライベートよりになっています。ここが混同してしまうことが苦手・嫌いな人もいるので、ここは使い分けると良いと思います。

1番大事なことはコミュニケーションは相手がいて初めて成り立つものです。自分はもちろん、相手もコミュニケーションを取りやすいツール・やり取りを意識することが大事です。

またもう一つ盲点があります。
コミュニケーションツールに依存し過ぎてしまい、対面や電話などをおろそかにしてしまう人がいます。あくまでツールはツールに過ぎません。
対面の方が良いケースもあれば、電話の方が良いケースもあります。TPOに合わせて、今自分が何を使って相手とコミュニケーションをとるべきか、是非考えてくださいね。

>W-WORK(ダブルワーク)

W-WORK(ダブルワーク)

副業、兼業、ダブルワーク、フリーランス、働き方改革など、様々なキーワードが流れる求人市場。

終身雇用が当たり前ではなくなったことは分かっていても、どのように動けば良いかは手探り状態だと思います。

本業で成果を出すためにも、多くの企業、業界、業種での体験が経験値となり、仕事の視野やアイデアが広がることでしょう。

あなたの力が必要な中小企業、ベンチャー企業はたくさんいます。

本業というしっかりとした基盤があり気軽に応募できるのがダブルワークの良いところ。


さあ肩の力を抜いて、ダブルワークにてあなたのスキルを活かし、試し、経験を積みませんか。