副業・複業で使えるオススメツール【オンラインMTGツール編】

先日は複業・副業で使えるコミュニケーションツールをご紹介させていただきました。
メッセンジャーやSlackなどのツールをご紹介させていただきましたが、今回は「オンラインMTG」「オンライン会議」で使えるツールをご紹介していきたいと思います。

仕事をするにあたって、”移動時間”はバカになりません。私は営業としての活動を中心にしていますが、商談が1時間でも移動時間が前後で30分ずつあれば、1回の商談に2時間使っていることになります。この移動時間でできることもたくさんあるはずです。
その時間を捻出するためのツールの1つがオンライン会議・オンラインMTGツールです。こういったツールを活用すれば、遠方の相手とのやり取りもできるようになり、ビジネスの幅も広がります。

それではオススメのツールをご紹介していきたいと思います。

Skype

オンラインMTGの老舗といえばSkypeでしょう。サービスとして歴史があることもあり、オンライン会議をする際、相手がすでに知っている、使い方をわかってくれているケースが多いのがメリットです。
一方でデメリットはアカウントが必須なことです。初めて使う人はアカウントを作ってもらう必要があり、そこがネックになるケースがあります。

Skype

appear.in

Skypeのアカウント問題を解消しているツールがこのappear.inです。
GoogleChromeで開かなければいけないという制約はありますが、アカウントを作ることは不要で、リンクをクリックすればオンライン会議を開催することができます。ただ少し動作が重いところがデメリットです。

appear.in

Zoom

Appear.inと同じくアカウント不要で利用できるがのZoomです。最近は利用者も急増しているツールです。
利用する際はZoomと一度利用するデバイスでダウンロードが必要になりますが、一度ダウンロードすればリンクをクリックすれば会議を開催することができます。また複数人での接続でも重くならず、スムーズに会話・やり取りをすることができます。有料プランにすると、豊富な機能もあり、ウェビナーの開催もできます。

Zoom

Googleハングアウト

Googleのアカウントを持っている人であれば使えるテレビ会議システムがこのGoogleハングアウトです。

Googleハングアウト

Facebookメッセンジャー

Facebookでも電話機能があります。画面を接続することもできるので、普段のやり取りの中でつなぐことができるのは大きなメリットです。

LINE通話

Facebookメッセンジャーと同じく、普段使っているコミュニケーションツールで通話をする方法です。事前に友達同士になっている必要があります。

オンライン会議・オンラインMTGは今後も増える

今、オンライン会議・オンラインMTGのニーズ・利用はどんどん増えています。
背景には会社内でのリモートワーク等の働き方改革の取り組みが増え、オフィスでみんな同じ場所で働くという前提が崩れてきているからです。
もちろん、「商談は会って話さないとダメ」という人が一定数いる現実は今尚あります。しかし、こういったツールに理解を示し、受け入れてくれている人も増えているという現実があるということです。

自分の貴重な時間をどう活用するか、移動に使うのか、作業にあてるのか、勉強にあてるのか。
時間の使い方で自分の成長・成果がで決まります。使えるツールをうまく活用しながら、事業を成長させていきましょう。

>W-WORK(ダブルワーク)

W-WORK(ダブルワーク)

副業、兼業、ダブルワーク、フリーランス、働き方改革など、様々なキーワードが流れる求人市場。

終身雇用が当たり前ではなくなったことは分かっていても、どのように動けば良いかは手探り状態だと思います。

本業で成果を出すためにも、多くの企業、業界、業種での体験が経験値となり、仕事の視野やアイデアが広がることでしょう。

あなたの力が必要な中小企業、ベンチャー企業はたくさんいます。

本業というしっかりとした基盤があり気軽に応募できるのがダブルワークの良いところ。


さあ肩の力を抜いて、ダブルワークにてあなたのスキルを活かし、試し、経験を積みませんか。