欲しい能力をピンポイントで雇用、業務委託契約を結ぶ企業側のメリットは?

人手不足に喘ぐ現代の日本で徐々に増えつつあるのが「業務委託」という契約方法です。

業務委託契約とは、契約の範疇にある一定の仕事をこなした時点で報酬を支払い、契約が終了する形式のものを指します。
雇用契約を結ぶと上司、部下という関係性がうまれたり、保険や税金面での手続きが必要になりますが、業務委託契約であれば成果物と報酬を交換する形になりますのでかなり淡白です。

近年はこうした業務委託契約の仕事を受注して生計を立てるフリーランスや個人事業主という生き方が認められはじめ、多くの企業が外注する際に業務委託契約を結び、個人や企業に仕事を依頼するようになりました。
そんな業務委託契約の概要や、そのメリット、デメリットについて解説していきます。
外注する際に気をつけたいポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

業務委託契約とは、どのような契約なのか

業務委託契約とは、企業がある一定の作業を企業や個人に依頼し、その成果物と報酬を交換する形の労働契約です。
細かな内容はそれぞれが詳しく決定できますが、法的には「作業を行う」ことと「報酬を支払う」ことが対応しあっている契約となります。
つまり作業を行っていなければ報酬は支払わなくて良いですし、作業を行ったにもかかわらず報酬が支払われなければ法的措置にでることができます。
似た契約の形に「請負契約」というものがありますが、こちらは業務委託よりも責任が重い契約方法です。

例えばあるシステムの納品を依頼されていたとして、そのシステムを納品した後、欠陥が見つかったとします。
業務委託契約であれば、契約書に特段の定めがなければ報酬を支払った時点で契約が終了していますので、修正依頼を出すことはできません。

しかし、請負契約ではその成果物に責任をもたなくてはなりません。
契約が終了していても、その成果物に瑕疵があった場合は責任を負い、修正するか損害賠償請求に応じなければなりません。

業務委託契約の特徴は?

業務委託契約の特徴はピンポイント雇用、という点にあります。
企業側は、欲しい人材をほしいときだけ利用できますし、人材側も行いたい仕事だけで報酬がもらえますので、人間関係などのストレスから距離を置くことができます。
特に企業は、正社員を一人雇うことで給料以外にも税金や保険料といったコストがかかってきます。

ピンポイントで人材を雇用できれば、コストやリスクを最小限に抑えつつ最良の結果を得ることができます。
人材不足が懸念される現代において、これからますます勢いを増す契約方法でしょう。

業務委託契約を結ぶ、企業のメリットは?

正社員を継続雇用するのに比べてコスト、リスクが抑えられます。
つまり新しいプロジェクトを行いやすくなり、事業を回転させる速度も上昇します。
自社内では管理や企画を行い、実際にそれを行う生産部分は外注、という図式にすれば、生産効率を高めながらコストやリスクを最小限に抑えられます。

また、正社員として人を雇うと、数十年はその従業員の面倒を見ていかなければなりません。従業員の適性や、外的、内的リスクを考えると、なるべく正社員は多く雇いたくないのが企業の本音です。
業務委託契約を結んだ外注のワーカーを使えば報酬を支払うだけで生産が完了しますので、webなどのIT業界では生産の外注化が基本になってきています。

業務委託契約を結ぶ時に気をつけるポイントは?

業務委託契約は、良くも悪くも関係がドライになりがちです。
成果物の向こうには顧客やニーズが存在しますので、それをワーカーとうまく共有する必要があります。

例えば外注してライターを雇う際、文章を書いて終わりというライターではなく、文章を通して誰かに伝えたい、という意識を持ったライターのほうが依頼しやすいでしょう。
そうした意識を外注のワーカーにも共有することで、淡白になりがちな関係を上手くコントロールできます。
また、外注する相手が本当にほしい能力を持っているかどうか、しっかりと見極める必要があります。

業務委託契約はローリスクで高いクオリティの労働力を用意できる

業務委託契約を結ぶことで、企業側は欲しいタイミングで欲しい人材を雇うことができますので、コストやリスクを抑えつつ最良の結果を得ることができます。
その上で気をつけたいポイントは、以下の二つでした。

・目的意識の共有
・外注先の能力を見極める

これらが上手くいかないと、報酬を支払ったのに見合った成果物が上がってこないなど、不都合が生じてしまいますので気をつけましょう。
今後さらに副業やパラレルワークといった働き方が隆盛していきます。業務委託契約についていまからしっかりと理解し、外注する際に困らないよう準備しておきましょう。
ピンポイントでワーカーを雇用するためには、求人サイトを利用するのがおすすめです。
W Workでは、無料で求人を載せることができますので、ぜひ利用してみてください。

>W-WORK(ダブルワーク)

W-WORK(ダブルワーク)

副業、兼業、ダブルワーク、フリーランス、働き方改革など、様々なキーワードが流れる求人市場。

終身雇用が当たり前ではなくなったことは分かっていても、どのように動けば良いかは手探り状態だと思います。

本業で成果を出すためにも、多くの企業、業界、業種での体験が経験値となり、仕事の視野やアイデアが広がることでしょう。

あなたの力が必要な中小企業、ベンチャー企業はたくさんいます。

本業というしっかりとした基盤があり気軽に応募できるのがダブルワークの良いところ。


さあ肩の力を抜いて、ダブルワークにてあなたのスキルを活かし、試し、経験を積みませんか。