webライティングの副業で月10万円を超えるために必要なテクニックとは?

副業が解禁されてから注目を浴びている職業、webライター。
巷では稼げないという噂を耳にしますが、中にはwebライティングで独立している方もいらっしゃいます。
webライティングの副業で月々10万円稼ぐためにはどのようなコツが必要なのでしょうか。

現役のライターが収入をアップさせるためのコツを伝授します。
これからwebライターを目指している方、収入が増えないと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

webライティングの相場はどれくらい?

webライティングの相場は1本あたり3000円程度です。
しかし、クラウドソーシングなどの低単価案件を含めると、平均はもっと下がってしまいます。
なかには1本300円という案件も存在します。実際、ライターを始めたばかりの頃は300円以下の単価で執筆していました。
このように同じ文字数でも振れ幅が大きいことが分かります。

ただ、ライティングを副業として成立させるには最低でも文字単価を1円程度にする必要があります。
そして、webに公開されている記事は2000〜3000文字が多いので相場としては2000~3000円が妥当でしょう。

webライティングで月収10万円稼ぐのは不可能なのか

文字単価を1円と仮定して、月に10万文字執筆すれば単純に計算しても10万円の収入になります。
そして、1本あたり2000〜3000円だと仮定します。間を取って1本2500円としましょう。
10万円を稼ぐためには、2500文字の記事を40本納品しなければなりません。
1ヶ月を30日としても、1日1本のペースでは足りません。75000円程度に落ち着くでしょう。

webライティングで月収10万円に到達することは不可能なのでしょうか。

じつはそこにwebライティングの面白さがあります。
月収を伸ばすためには、文字単価を上げることが必要になってくるのです。

webライティングで月収10万円稼ぐためのテクニック

文字単価を2円と仮定して、もう一度計算し直してみましょう。
文字単価1円では2500文字の記事を書いても2500円でしたが、文字単価が2円になればその倍、5000円になります。純粋に1本あたりの収入が倍になると考えれば簡単ですね。

先ほどのペースで考えると、同じ量の記事を書いたとしても収入は15万円になります。
こうして考えると、文字単価がいかに重要となるのかがお分かりいただけると思います。

文字単価1円は決して安い金額ではありませんが、副業で10万円を狙うのであれば、文字単価をさらにアップさせる工夫が必要になってきます。
そのためには、いくつかの方法があります。

SEOライティングを身につける

SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をつなげたものです。
日本語では「検索エンジン最適化」と訳され、特定のキーワードで上位表示されるための施策のことです。
内部施策、外部施策に大別されますが、ライターができるのは外部施策です。
例えば

・キーワードとキーワードの間を縮める
・見出しにキーワードを織り交ぜる
・読みやすい文章で読者の離脱を防ぐ

これらを意識して執筆すると良いでしょう。
他にもたくさん手法はありますが、奥が深いのでまずはこれらを意識して案件をこなしていくようにしましょう。
どのクライアントにも共通する重要なポイントですので、身につけておくと役に立ちます。

特定の分野について詳しくなる

いわゆる雑記ブログの記事を執筆するのではなく、AIや税金などの「興味はあるけどちょっと難しそう」というジャンルに詳しくなることをおすすめします。
安定して需要が高く、単価も高めなのはIT、人材、金融などです。

専門分野を持った特化ライターになれば、実績を積むほど詳しくなっていきますし案件の受注にもつながりやすくなります。
私は「FPなどの保有資格を活かして執筆を行います」というアピールを通して、案件の受注や単価アップの交渉を行っています。
こうした武器を作ることで文字単価アップにも繋がります。

レスポンスを早めて信頼を得る

執筆の速度ももちろんですが、なによりライターの信頼につながるのはレスポンスの早さです。
連絡事項や質問への回答速度を早めることで、クライアントは「信頼できるライターだ」と判断します。
単純なことですが、こうした地道な部分からしっかりと行い、クライアントと信頼関係を築くことが大切です。

クライアントへの営業力を高める

先述した自己アピールにも繋がりますが、自分の強みやできることをしっかり伝える必要があります。
クライアントはあなたの人となりや性格、実力を知りません。そんな中でも「やってくれそうだ」という信頼を得てもらうには、あなたの営業力が必要不可欠です。
簡潔かつきっぱりと「できます」と言い切ることが重要です。
できる根拠として、先ほど述べたように「資格」などの武器があると望ましいです。

まずは文字単価1円を目指そう

まだ文字単価が1円に満たない、という方も多いでしょう。
まずは諦めずに文字単価1円になるまでライティングを続けてみましょう。
実績がたまったところで、わかりやすくポートフォリオや提案文としてまとめ、高単価の求人へ応募してみましょう。
文字単価が1円になれば、すぐに2円、3円と上がっていきます。

結果的に月収10万円は突破できますので、焦らずにこつこつ目の前の仕事をこなしていきましょう。

>W-WORK(ダブルワーク)

W-WORK(ダブルワーク)

副業、兼業、ダブルワーク、フリーランス、働き方改革など、様々なキーワードが流れる求人市場。

終身雇用が当たり前ではなくなったことは分かっていても、どのように動けば良いかは手探り状態だと思います。

本業で成果を出すためにも、多くの企業、業界、業種での体験が経験値となり、仕事の視野やアイデアが広がることでしょう。

あなたの力が必要な中小企業、ベンチャー企業はたくさんいます。

本業というしっかりとした基盤があり気軽に応募できるのがダブルワークの良いところ。


さあ肩の力を抜いて、ダブルワークにてあなたのスキルを活かし、試し、経験を積みませんか。