SEARCH

「税金」の検索結果12件

  • 2019年3月30日
  • 0件

webライティングの副業で月10万円を超えるために必要なテクニックとは?

副業が解禁されてから注目を浴びている職業、webライター。 巷では稼げないという噂を耳にしますが、中にはwebライティングで独立している方もいらっしゃいます。 webライティングの副業で月々10万円稼ぐためにはどのようなコツが必要なのでしょうか。 現役のライターが収入をアップさせるためのコツを伝授し […]

  • 2019年3月25日
  • 0件

【節税】自宅を作業場にしている方必見、家賃を経費にする方法とは?

副業で収入が得られるようになると気になってくるのが税金の問題です。 経費が認められやすい職とそうでない職の差も大きく、一口に副業や事業所得といえど千差万別あるのが実情です。 中でも在宅で副業をしている方にとって重要な経費のひとつに「家賃」があります。 家賃を経費に算入できれば、毎月かなりの節税効果が […]

  • 2019年3月22日
  • 0件

副業の特権「経費」とは?算出方法や内訳について徹底解説

サラリーマンなどの給与所得者にとってはあまり馴染みのない「経費」。 節税効果が高いとは聞くけど、いったいどんなものなのかよくわからない…。 そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 経費について、難しい言葉を使わずに解説すると、「売上を生むための費用」のことです。 この費用は課税所得から控除さ […]

  • 2019年3月5日
  • 0件

欲しい能力をピンポイントで雇用、業務委託契約を結ぶ企業側のメリットは?

人手不足に喘ぐ現代の日本で徐々に増えつつあるのが「業務委託」という契約方法です。 業務委託契約とは、契約の範疇にある一定の仕事をこなした時点で報酬を支払い、契約が終了する形式のものを指します。 雇用契約を結ぶと上司、部下という関係性がうまれたり、保険や税金面での手続きが必要になりますが、業務委託契約 […]

  • 2019年1月25日
  • 0件

収益の使い方を目的別に徹底解説!

ダブルワークで安定した収入が得られるようになってきたけれど、収益の使いみちはどうしよう…。 収益が上がれば上がったでこうした悩みを抱えてしまうものですよね、本業以外に収入を得ているダブルワーカーの皆さんはどのように収益を使っているのでしょう。 私はライティングで本業を超える額を稼いでいますが、書籍や […]

  • 2019年1月16日
  • 0件

ダブルワークを行う上での注意点!

働き方改革で残業時間が大幅に減り、残業代がなくなることで家計が苦しくなってしまった人…。仕事以外に生きがいを見つけるために仕事人間から脱却したい人…などが増えており、ますます需要が伸びているダブルワーク、副業。 ただ、ダブルワーク・副業を行う上で覚えておきたい注意点はどのようなことがあるのでしょうか […]

  • 2019年1月10日
  • 0件

副業を始めた年の税金はいくらになってしまうのか、計算方法からご紹介

ダブルワークを始めた人にとって気になるのが「税金」や「社会保険」のことですよね。 仕事がうまく行けば行くほど収入は増えますが、その分税金もかかってきます。 しかし、これまで給与所得しか得ていなかった人にとって、税金の計算って馴染みのない分野ですよね。 会社がすべて源泉徴収してくれていましたから、細か […]

  • 2019年1月7日
  • 0件

「副業の所得が扶養範囲を超えないための節税方法」

ダブルワークをしている方の中には誰かの扶養に入っている、というパターンも多いですよね。 パートナーや親の扶養に入っている方がほとんどだと思いますが、実は扶養されている方には「扶養控除」という非課税の枠が用意されていることをご存知でしょうか。 厳密には「被扶養者(あなた)」ではなく「扶養者(パートナー […]

  • 2018年12月28日
  • 0件

ダブルワーク・副業を始める前に覚えておきたい税金、経費の話

本業のみを行っているサラリーマンの方だったら、所得税や住民税などの税金関係は、会社がやってくれるため、年末調整で確認するだけという人も多いと思います。ただ、副業を始める場合は、自分でしっかり管理して確定申告を行ったり、もしくは本業先に税金額が加算される場合もあります。また、副業でも経費はどこまで使え […]

  • 2018年12月27日
  • 0件

働き方改革「複業」の解禁

2018年、副業元年と呼ばれるこの年の1月に、何が起こったみなさんは覚えていらっしゃいますか? 厚生労働省が発表しているモデル就業規則の変更です。 平成29年12月時点の労働者の遵守事項 「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」 平成30年1月以降の労働者の遵守事項 「1労働者は、勤務時間外にお […]

>W-WORK(ダブルワーク)

W-WORK(ダブルワーク)

副業、兼業、ダブルワーク、フリーランス、働き方改革など、様々なキーワードが流れる求人市場。

終身雇用が当たり前ではなくなったことは分かっていても、どのように動けば良いかは手探り状態だと思います。

本業で成果を出すためにも、多くの企業、業界、業種での体験が経験値となり、仕事の視野やアイデアが広がることでしょう。

あなたの力が必要な中小企業、ベンチャー企業はたくさんいます。

本業というしっかりとした基盤があり気軽に応募できるのがダブルワークの良いところ。


さあ肩の力を抜いて、ダブルワークにてあなたのスキルを活かし、試し、経験を積みませんか。